漫画ネタバレ

半径10mの恋 ネタバレ25話(ピッコマ)と感想!兄、再び学校に登場で連れ戻される謙士郎。一方で周防はと

ピッコマで独占配信中のマンガ「半径10mの恋」(原作、漫画 Lamp先生)25話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
周防は高校時代の友人、賢に恋の相談をします。賢は相手は高校生だぞ、自分よりそいつのことを考えてやれ、自分が周防を助けると言います。
一方、謙士郎が先生に恋してキスをしたことを知った、兄・誠士郎は学校に向かうのでした。

→→ 半径10mの恋、全話ネタバレはこちら

半径10mの恋 25話のネタバレ

ざわつく女子生徒たちの視線の先には、誠士郎がいました。

なぜここに兄貴がいるんだと不愉快な謙士郎ですが、いちいち弟の許可が必要か?と言う兄。

何の用かと聞くと、父からの連絡を無視する謙士郎を今すぐ連れて来いとさ、と言います。

今学校に来たばかりだと言う謙士郎に、これ以上父を怒らせない方がいい、それに今日は学校に来たくなかったんだろとさっき電話で謙士郎が話していたことを言う兄。

謙士郎は会うつもりはないと立ち去ろうとしますが、その肩を捕まえて力任せに振り払った兄。大人しく車に乗らないと担任を呼ぶ、無様な姿を見せたいのかと言うのでした。

謙士郎は車に乗り、兄は校舎に入って行きます。

その頃、来客だと校長室に呼ばれた周防。
お呼びでしょうかと声をかけると、こちらの方が先生を尋ねて来られてと言います。

そこにいたのは謙士郎の兄、誠士郎でした。

周防・・先生?と小さく名前を呼ぶ誠士郎に、警戒しながらそうですが、と答える周防。

要件を聞くと、誠士郎は先日のご無礼をお許しくださいと深々と頭を下げるのでした。

そして、たった1人の弟のことになると、恥ずかしいことだがつい周りが見えなくなってしまうと言います。

周防はあの時の誠士郎の態度や言動を振り返りますが、とてもそんな弟思いのような感じには見えません。

誠士郎は感じの良い笑顔を見せながら、驚かせてしまったお詫びに食事でもご馳走させてくださいと言います。

違和感でいっぱいの周防。本能で、これ以上関わらない方が良いと悟ります。
ご家族ならば心配するのも当然!気持ちだけで十分ですと、その場を立ち去ろうとします。

その時、ガシッと手を掴まれる周防。

このままでは気が済まない、長くはおひきとめしないので、と今日の夕方に軽く夕食でもいかがですかと食い下がる誠士郎。

その頃、車で自宅に連れ戻された謙士郎は父親の部屋にいました。

早く学校に戻らないといけないから要件を言え!と言う謙士郎に、相変わらず生意気だ、迎えを寄越さないと顔を見ることすら出来ないと言います。

続けて自分の息子だとはとても信じられないと言う父に、誰に似たと思っているのか、それとも拾ってきたのか?と言う謙士郎。

その言い草に、井上家の一員である以上、恥になる言動を見過ごすことは出来ない!
まともな人間になるまで外に出られると思うな、勉強も家でしろと言うのでした。

 

周防は誠士郎と食事に来ていました。

周防には難解なメニューに、兄は自分のおすすめで良いかと聞き、注文します。

ご馳走までしてもらっては重荷だと言う周防ですが、誠士郎は明るい笑顔で、気にしない様に言います。そして弟をよろしくお願いしますと加えるのでした。

周防は、以前の誠士郎と謙士郎は少し距離があるように思えたと言います。

兄は否定することもなく、自分もそれで悩んでいること、更生しようとしても、思春期もありなかそうも行かないこと。大きくなればわだかまりも取れるだろうと言います。

そして周防が不思議そうに、周囲は謙士郎を怖がるが、自分はそこまでだとは思わないと言うと、誠士郎は周囲がそう言うのにはそれなりの理由があると思いませんか?と意味深な笑顔を滲ませ、ワインを勧めながら伝えてくるのでした。

半径10mの恋 25話の感想

謙士郎がとうとう家に連れ戻されてしまいました。

父の言い分だと、しばらくは自宅に閉じ込められることになりそうですね。

そして、兄の誠士郎のターゲットは周防だったのですね。

表面を覆い隠しながらもまだどこか、威圧感や言葉と現実の違いを感じますね。

一体ここから周防をどうすることが誠士郎の目的なのでしょうか?

まとめ

今回の記事では、半径10mの恋 ネタバレ25話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 半径10mの恋、全話ネタバレはこちら