漫画ネタバレ

少女ショップ ネタバレ3話(ピッコマ)あらすじと感想

ピッコマで独占配信中のマンガ「少女ショップ」( 原作、漫画 Yugi先生)3話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
帰宅したらいないのでは?と思ったら、段ボールに入っていた陽菜。
元彼の浮気相手のワンピース。自分だって履けないわけじゃないと注文したら、一緒に届いた陽菜。
思わず吹き出す歩。ケーキでも買って帰ろうとショップに行きますがー

→→ 『全巻ネタバレ』のまとめはこちら

少女ショップ 3話のネタバレ あらすじ

佐々木さん?

振り返るとそこには祐二と優美がいました。
明るく話す優美と気まずそうな2人。

ケーキを買い終えた歩は、お先にと挨拶して店を出ました。

歩はまた思い出します。

あの時―

祐二が歩と付き合っているのに、あのワンピースを着た優美とデートしているのを見てしまった時。

その時も歩はこうしてケーキを買っていたのでした。

涙を堪えて家に帰った歩は、よく頑張ったと自分を励ます気持ちでそのケーキを食べたのでした。

どんな味だったのか、全く覚えていないけれど

 

大丈夫。

歩は自分に言い聞かせ、歩きます。

もうすぐよ

そして家に着き玄関のドアを開けると、ひょこっと顔を出して

「おかえりなさい」

と笑顔で歩を出迎える陽菜の姿がありました。

今度は一人じゃない。
歩は一瞬胸がぎゅっとした様子で陽菜を見つめ、ケーキの袋を渡します。

ケーキだ、わあっ!と喜び、今日は何かあるのか聞く陽菜。

歩の胸には色々な気持ちがこみ上げて、思わず涙がポロポロとこぼれてきてしまうのでした。

陽菜は突然のことにびっくりしますが、一緒にケーキを食べてくれるかと言う歩にもちろんだと答えるのでした。

テーブルに座ってケーキを囲み、歩はしょんぼりと陽菜に事情を説明します。

自分とは社内恋愛を秘密にしていた祐二。
浮気をしておいてああまで見せつけられて、とても腹立たしかったこと。

誰にも言えず、家ではこうして泣いてしまう自分が情けないと言う歩。
我慢しようとしたのにと言うそばから、涙がこぼれ落ちます。

それを聞いた陽菜は、我慢しなくていいですよと言いました。
家なんだから、泣いたっていい、と。

歩はケーキを口に運びます。

いちご味のとても甘いケーキ。「美味しい」今度はしっかりと味わい、陽菜もにっこりとするのでした。

翌日ー

遥香(はるか)は歩に資料のチェックをお願いします。

じっくりと目を通す歩。遥香は緊張した面持ちで歩の判断を待ちます。

よく出来ているとOKをもらい、やっと認めてもらえたと内心大喜びする遥香。
初めはミスばかり指摘され、歩のことを怖いと思ったこともあった遥香ですが、その度に認められたい気持ちが増して頑張ってきたのでした。

席に戻ろうとする遥香を歩は、少しいいかしら?と呼び止めます。

まさか・・他に何か言われるのだろうか?態度が悪かったとか?と不安になる遥香。

でも、歩が遥香に言った言葉は、全く違うものでした。

この辺りに美味しいお店はないかという予想外な質問に驚く遥香なのでした。

少女ショップ 3話の感想

歩は今までだいぶ辛い思いをしてきたんですね!

あんな自分勝手な浮気野郎、別れて正解なのに。悪いことをしていない歩の方が苦しそうでしたね。

せっかくケーキを買って帰ろうと思ったのに、よりによって2人に遭遇。

でも、今度はあの時とは違いました!

ちゃんと陽菜が待っていて、歩の話も聞いて、歩もきちんと泣けて、ケーキを美味しいと感じることが出来ました。

辛い思い出が1つ、消化された感じがしましたね。

陽菜がいてくれて良かったなあと思いました!

まとめ

今回の記事では、少女ショップ ネタバレ3話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 『全巻ネタバレ』のまとめはこちら