漫画ネタバレ

半径10mの恋 ネタバレ30話(ピッコマ)と感想!親友蓮の助けで再び周防と住む謙士郎。そこに賢が現れて

ピッコマで独占配信中のマンガ「半径10mの恋」(原作、漫画 Lamp先生)30話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
試写会での事件は学校周知されることとなりました。
そこに賢が教育実習生として現れ、周防が面倒を見ることに。
賢は謙士郎がクラスにいるのかと、周防は自分が守ると言い、敵対心を剥き出します。一方蓮は、周防に謙士郎を助けてほしいと言います。

→→ 全巻ネタバレはこちら

半径10mの恋 30話のネタバレ

助けて欲しいとはどういうことだ?

周防は蓮に聞きます。

すると、今日謙士郎が登校した時の恰好を見たか、ニュースも見たかと言う蓮。
謙士郎は家族と不仲なので居場所が無いのだと言います。

気の毒だが、家庭の問題・方針だと治めようとする周防に、あれでは監禁だと言う蓮。
謙士郎と音信不通だったこと、心配で自宅に行けば家の前には見張りがいたことを話します。

何よりあんな格好をしてまで謙士郎が登校したのは、先生に会いたかったからだと言うのです。

耳を傾ける周防。
ここまであいつが心を開いたのは先生が初めてで、確かに勝手だし言うことも聞かないけど、いい奴なんですと言うのでした。

蓮自身、普段はしっちゃかめっちゃかな謙士郎に、いじめっ子から助けてもらったことなどを思い出していました。

ちゃんと大人しくするように話もした、そばにおいても後悔しないと思うと言う蓮ですが、周防はなぜ本人が言いにこないのか、頼まれたのか?と聞きます。

そうではない。自分の1番大切な友達だからだと言う蓮。
それに対し、考えておくと言って立ち去る周防にお礼を言うのでした。

 

その頃、卓は教室の後ろで授業風景を見学していました。

数学も国語も寝ている謙士郎でしたが、国語の授業になると目を覚まし、がばっと体を起こします。

その様子を見ていた卓は、何かを感じたようです。

授業も終わり、これからは大人しく学校に通うと先生に謝らなくちゃ!と思っている謙士郎に、卓は国語の授業だけは好きみたいだなと言い、南海・・いや国語の先生は見た目よりか弱いからあまりいじめないで欲しいんだが?と言います。

その口ぶりに、こいつなんだか親しげだな。先生を知っているのかと思った謙士郎は席を立ち、中指を立てて教室を出ていくのでした。

職員室まで行くと、メジャーを取り出し周防の席から10mを測る謙士郎。
何をしているんだ?と思った周防ですが、近づくなと言ったからであることを察知します。

そして大人しくこちらを見ている謙士郎に、ちょうどいいからそのまま聞くようとに言い、お前のしたことは許したわけじゃない。でも、行く当てがないならうちに来てもいいと言ったのでした。

謙士郎はとてもとても嬉しくなり、謙士郎に駆け寄り抱きつきました。

寝床だけ貸すだけだ!近づくなと言うのもまだ有効だ!と言う周防。
また一緒に先生と住めるのが嬉しいと言う謙士郎に、住むなら家事を手伝えよと返します。

自分の荷物がまだそこにあることを確認した謙士郎。
周防はお前は床で寝ろよといいます。

自分は床では眠れない、離れて寝るからいいでしょと言いますが、周防は謙士郎とのキスを思い出し、とにかくダメだと言います。

その時インターホンが鳴り、実習期間中だけお前の家で寝かせてくれとビールを買ってきた賢がいきなり周防の自宅を訪ねて来たのでした。

そして、賢の視線は謙士郎を捉えるのでした。

半径10mの恋 30話の感想

まさに鉢合わせ!三角関係勃発ですね!

賢はまさか周防の好きな人が謙士郎だとは思わなかったと思いますが、周防の授業の時にだけきちんと起きる謙士郎の姿をしっかりと見ていました。

そして、周防もまた賢がまさか自分を好きだとは気が付いていないようですね。。

謙士郎を家にあげてしまった周防ですが、井上家は黙っているのでしょうか??

続きがとても気になります!

まとめ

今回の記事では、半径10mの恋 ネタバレ30話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 全巻ネタバレはこちら