漫画ネタバレ

愛されお姫様の転生日記 ネタバレ21.22話(ピッコマ)とあらすじ!転送ゲートで絶体絶命も、防御システムが突如解除され

ピッコマで独占配信中のマンガ「愛されお姫様の転生日記」( 原作、漫画 JIAN先生)21,22話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
尋常ではないルナの鳴き声に駆けつける3人。足元に爆弾を見つけ、国王は急ぎ結界を張ります。
アランが足元の何かを踏むと突然ゲートが現れ、ルナも一緒に入ってしまいます。国王が救出に向かい、直後ゲートは閉じ、王妃だけが部屋に残されるのでした。

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら

愛されお姫様の転生日記 21話のネタバレ あらすじ

王妃だけが部屋にとり残されてしまったその頃。

皇宮の裏庭の花園では、ルナの体を乗っ取ろうとしていた植物の形をした不明生物が慌てた様子です。転送ゲートを作るためのスペースカプセルを無くしてしまったことに気がついたためです。

転送ゲートが無いと元の場所に帰ることもエネルギーを補給することも出来ないのです。不明生物は、きっとカプセルはルナが盗んだに違いない!!と思うのでした。

そして、もうだめだ・・と溶け出しながら、蔦の様な形になってその場にに根付いたのでした。

そして、その花園には南の国の第三の姫、サニー(2歳)と第四の姫、スターシャ(1歳)がメイドたちとともにいました。

無邪気にお花を踏もうよ!と姉に言うスターシャ。しかし姉はそれも1つの命なのだからと妹にダメだと教えます。

食べるのもだめかと聞かれ、それもいけないことだと言い、足元にあった草を引っ張りました。そして ”変な草さん、私が守るから大丈夫よ”と言うのでした。

その頃、ゲートの中に入り込んだルナとアランは、ゴーゴーと音を立てて時空を落ちていきます。

アランが自分を抱きしめ続けるのを見てルナは、怖がっていても赤ちゃんで妹の自分を守っているのだと今度からもっと優しくしようと決めたのでした。

アランは大泣きしながらもルナをしっかりと守っていました。

愛されお姫様の転生日記 22話のネタバレ あらすじ

まだ3歳なのに、死にたくないよ〜〜!!

泣き叫ぶアラン。ルナはしっかり守られながらもそんな兄を、やっぱりまだまだ子供ねと思います。

これまでいくつものライトノベルを読んできたルナの経験上、主人公がゲートや崖などに落ちた時にはチートスキルが発生し、何かの力によって助かるものだと確信するルナ。

守ってもらったお礼として、アランにはこのスキルでお返しをしようと思うのでした。

そこに、敵の侵入を確認したとゲートがけたたましい音を立て、防御システムを発動させるとアナウンスが入りました。

鋭い剣の数々がこちらを狙い、絶体絶命ですがそれでもアランはルナに声をかけ、しっかり守ります。

その時、国王がその場に追いつき、アラン!!と手の中で作った光をアランたちを取り囲むようにして放ちます。

父上の姿を見つけたアランは飛び上がって大喜びし、思わず両手を離してしまいます。

ルナは予想外の展開に、悲鳴をあげて剣のある方に落ちていきます。

ルナの左腕を剣がかすめ出血しますが、同時に防御システムが解除されるのでした。

ルナが不思議に思い、やっぱりスキルが発動したのか?私が主人公だからか?と思っていると、自分の名を呼びひょいと国王が持ち上げたのでした。

国王もまた防御システムが解除されたことを察知していました。

そして、これはルナのせいか!?そう考えているのでした。

まとめ

今回の記事では、愛されお姫様の転生日記 ネタバレ21,22話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら