漫画ネタバレ

半径10mの恋 ネタバレ35話(ピッコマ)と感想!嫌いにならないでと泣きながら告白する蓮。誠士郎はー

ピッコマで独占配信中のマンガ「半径10mの恋」(原作、漫画 Lamp先生)35話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
玄関に人の気配を感じ、様子を伺うと誠士郎の父が客人を案内しています。
蓮が慌ててクローゼットに隠れると、誠士郎が血相を変えて帰宅しました。
並んだ靴を見て真央の物だと確信し、ここかとクローゼットを開ける誠士郎。
抱きしめたのは真央ではなく蓮でー

→→ 半径10mの恋・ネタバレ全話はこちら

半径10mの恋 35話のネタバレ

誠士郎の部屋に取り残され、涙がこぼれる蓮。

蓮はかつての誠士郎の姿を思い浮かべます。

真央と付き合う前から、蓮にも真央にも良くしてくれた誠士郎。
自分の頭にポンと手を置き、優しく微笑む誠士郎に惚れられずにはいられなかった蓮。

 

時刻は午後11:00

誠士郎は蓮に顔を合わせたくなくて、遅くまで仕事をしていました。さすがにもう帰っただろう・・ 頭痛を覚えながら帰宅することにしました。

家には先程の客人がまだおり、誠士郎と見るなりお疲れ様〜とニコニコと手を振っています。まだいたのかと思う誠士郎。

客人はすっかり長居をしたと、おいとましますと言いますが、父がもう遅いので次男の部屋にでも泊まっていくよう勧めました。

いったんは遠慮するものの、飲みすぎてしまったのでお言葉に甘えますと言う客人。

誠士郎は、客がまだ帰っていないと言うことは蓮も自分の部屋から出られなかったのではと思い、自室へ向かいました。

扉を開けると蓮がベッドを背もたれ、体育座りして顔を膝に埋めて眠っていました。

今までずっとああしていたのか、やれやれと思いますが、誠士郎はリビングに向かいトーストと飲み物の準備をして部屋に持っていくのでした。

父はこんな時間にと不思議そうですが、仕事をしながら食べるからと言う誠士郎。

部屋に戻ると蓮に声をかけ、トレイを置きます。ボーッとしながら目を覚まし、誠士郎の姿に大慌てする蓮ですが、お腹が空いていないと言います。

しかしその途端にお腹が鳴り出して、顔を赤くしながらいただきますと食事を始める蓮。その腫れた目を見て、泣いていたのかと思う誠士郎。

お客さんは帰ったのかと聞かれ、誠士郎はまだいるから今日はここに泊まって明日の朝帰れと言いました。

その言葉と予想外の展開に驚き、思わずトーストを口から落とす蓮ですが、だったら謙士郎の部屋で寝ると言います。しかしそこはあの客人が使うと言うことでここで寝ろと返されます。

なら誠士郎君はどうするの?と聞くと、質問ばかりで面倒だと言われてしまいます。結局、シャワーも着替えも借りて済ませ、ベッドに入る蓮。

椅子に座り書類に目を通している誠士郎に、今日は勝手に家に入り部屋に隠れてごめんと謝りますが、ごちゃごちゃうるさい、邪魔をするなと言われてしまいます。

胸が締め付けられた蓮は、誠士郎くんは・・俺のことが嫌いなの?と聞きます。

すると、ようやく蓮に目を合わせ、ああ嫌いだと言うのでした。

嫌いにだけはならないて欲しい、今日の様なことは二度としないと言う蓮は、自然と涙が溢れてしまいました。こんな風に告白したくはなかったけどと思いながらも、誠士郎くんが好きだから・・と伝えたのでした。

ため息をついて書類を置き、知ってると答える誠士郎。

驚く蓮に、気づいていないと思ったいたのかと言い、それを知ったら優しくしてもらえると思ったのかと顔を寄せます。

そしてこの際だからと、お前とは絶対ありえないから諦めろと言いました。

 

その頃、客人がケーキの箱の裏にメモ書きを見つけました。

そこにはお仕事お疲れ様と、甘いものを食べて頑張ってと言うメッセージと蓮の名前が入っていました。

これはなんでしょう?と聞く客人に父は、ケーキ屋のメッセージでしょうからお気になさらずお休みくださいと言うのでした。

半径10mの恋 35話の感想

蓮、やっぱり失恋しちゃいましたね。

誠士郎がここまで黒い奴だったとはショックも大きいと思いますが、これまでネックレスを引きちぎられても、お花畑な妄想をしていたりしたのではっきり現実と向き合ってよかったのかなあと思いました。

それでもまだ好きだと思いますが。個人的には誠士郎の紳士で甘々な姿が見たいので、真央か蓮と結ばれて欲しいです。

最後、あの人の良い客人がケーキの箱の裏のメッセージに気が付きましたが、今後に何か関わってくるのでしょうか?

まとめ

今回の記事では、半径10mの恋 ネタバレ35話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 半径10mの恋・ネタバレ全話はこちら