漫画ネタバレ

愛されお姫様の転生日記 ネタバレ31,32話(ピッコマ)カライズに怪我をさせた泡。ルナには攻撃の様子を見せず

ピッコマで独占配信中のマンガ「愛されお姫様の転生日記」( 原作、漫画 JIAN先生)31,32話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
たった5日で5年分成長したルナは、帰って来ない父を助けに行こうと言います。
その時、カライズが現れ光の玉からアランとルナを守り負傷します。
アランは今後2人で父上を守ると言いますが、急激に伸びた髪が、隣にいるルナの髪と絡まってしまいます。

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら

愛されお姫様の転生日記 31話のネタバレ

成長が早まり、アランとルナの髪もどんどん伸び、互いの髪が絡まってしまった姿を見たカライズは二人の髪を切ることにしました。

その腕前はワイルドで、二人とも短冊を貼り付けたような散々なヘアスタイルになっています。

父に髪を切ってもらい、心がときめいているアランは目を輝かせ、新しい髪型は似合っているかと父に聞きます。ルナは衝撃を通り越して涙目になっています。

この髪型ならば母上のもっと好きになってもらえるかワクワク質問するアランに、ああ!と自信たっぷりに答えるカライズ。

その時、カライズの頭には妻のナーシャが浮かび、あいつはもう何日も泣いているのではないかと思い心を締め付けました。

その横でルナもまた悲しそうに涙を流しますが、それはこのヘアスタイルが似合うと言われ屈辱からなのでした。

そうだ! ルナは思い出した様に、いつになったらここから出られるのかとカライズに聞きます。カライズは、間もなく辺りが暗くなり、30秒だけチャンスが訪れると言います。

そして、1人で考え事をするカライズ。
ここに来て不在にしていたのは5日間。それだけの時間をかけたのに、手に入れたエネルギーがわずかばかりだったと言うことでした。

段々と辺りが暗くなってきました。

何も見えないと怖がるアランに、落ち着けと言うアラン。ルナは何か大きな木から、光が溢れてきたことを言いました。

その時、とても綺麗な光景に周囲が変化しました。

シャボンの様に浮いて空中を漂う丸い泡。
その泡には目がついていて、ルナはとても可愛いと思い、見てみて!と言います。

離れろ!!

咄嗟にカライズは言いました。

ルナはシャボンのような丸いものと笑顔を交わし、頬擦りしているところでした。

愛されお姫様の転生日記 32話のネタバレ

シャボンの様な目のついた可愛い泡と頬ずりするルナ。

離れろ!!

カライズは言いますが、驚いたことにそれらはルナと仲良く戯れています。

実は3日前のこと

カライズは木から滲み出るエネルギーを採取する方法を考えていました。そして観察の中で、空気中に浮いている泡には莫大なエネルギーが含まれていると推測したのです。

ならばその泡を採取し研究材料にすれば、人類にとって新たな発見があるのではと考えたのでした。

カライズは目の前を漂う泡に手を伸ばします。
そして指先が触れると、パンっ!!と泡は弾けて割れ、なんとカライズは腕に大けがを負ってしまったのでした。

無害は見た目とは裏腹に、その殺傷力は恐ろしく、これがアランやルナであったなら腕がなくなっていてもおかしく無い程だと思うのでした。

しかし、泡はルナを攻撃しようとしません。
なぜなのかとカライズは考えます。

ここで待て。カライズはアランに結界を張り、離れた場所からルナを観察します。
すると泡がニコニコしながらルナの体に浸透していきました。

父上早く来て!と楽しそうにするルナは、泡の浸透がとても心地良く、力がみなぎってくる様だと言います。

そしてふざけて目の前の大きな岩をパンチすると、岩はいとも簡単に砕け散るのでした。

わお!
これはまさかチートスキルなのかと思うルナ。

結界の中でその様子を見ていたアランは、怪力なルナを絶対に怒らせようにしようと思うのでした。

まとめ

今回の記事では、愛されお姫様の転生日記 ネタバレ31,32話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら