漫画ネタバレ

愛されお姫様の転生日記 ネタバレ33,34話(ピッコマ)ルナの身代わりとなるカライズ。王宮では国王代理がー

ピッコマで独占配信中のマンガ「愛されお姫様の転生日記」(原作、漫画 JIAN先生)33,34話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
カライズに髪を切ってもらい、喜ぶアランと悲しむルナ。
宙を漂う泡に触れたカライズは大怪我をしましたが、泡はルナを攻撃する事はなく、体に浸透していきます。
心地よくて力がみなぎると言うルナ。何気なく岩をパンチすると、最も簡単に砕け散るのでした。

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら

愛されお姫様の転生日記 33話のネタバレ

泡が体に浸透し、目の前の岩をパンチして簡単に砕けさせたルナ。

カライズはその様子を観察していました。

それを見て、どうやらこの泡はエネルギーボールであり、この星の生物にエネルギーを供給するものらしいと考えました。

ただし、人間が無理に触れた場合は爆発すること。その威力はカライズに怪我を負わせるほどであったこと。

さらに・・・不思議なことにルナは、そのエネルギーを吸収するということ。

カライズは、こいつをもっと探るべきだと判断しました。

その時、ビュウゥーーと風が吹き、今だ!とカライズはアランとルナを自分の元に引き寄せました。
すると間一髪でその場所には爆発が起こり、その後、地面の蔓が勢いよく伸びてきました。

蔓はルナめがけて伸びていき、手足にぐるぐると巻き付きます。

ルナは父上!と助けを求めますが、助けようと手を伸ばすアランに反して、カライズは背を向けます。

ずっと一緒にいたのに、あたしを置いていくの?そう思った時・・
ルナは転生前の5歳の時の「小原透子」の記憶を思い出しました。

目の前では両親が口論し離婚すると言いますが、どちらの親も透子のことを「お荷物」だとか、この子がどうなろうと私には関係ないなどと、心無いことを言います。

血の繋がっていた親でさえ自分を要らないと言ったのだから、あんたみたいな冷血クソ国王があたしを連れて行くわけがないよね。

そうは思っても悲しくなって涙が出てきてしまうルナ。

すると、

おい、ちんちくりん。泣くな と声がするのでした。

愛されお姫様の転生日記 34話のネタバレ

父上?

ルナは蔓で体をぐるぐる巻きにされながら、私を見捨てたわけじゃなかったのかと聞きました。

カライズははっきりそうだと言い、剣でルナの蔓を切り落としました。

そして早くしないとゲートが閉まってしまう。出口でアランが待っているからを追うよう言い、ルナを掴んでポーンと投げるのでした。

蔓はカライズの予想より速いスピードでうねうねと伸び、カライズに巻き付いていくのでした。

俺に構うなと言うカライズ。ルナは、あんな冷血漢がまさかあたしを助けるようと犠牲になったの・・!?と思います。

その間にも蔓はびっしりとカライズを覆いつくし姿も見えなくしてしまいます。

ルナちゃん!
ゲートの出口ではアランが両手を広げて、こっちだ!と待っていました。

 

場面は南の国の王宮、国王の書斎に変わります。

「はあー。いつになったらカライズちゃんは帰って来るんだか!」

国王代理は疲れると言って、書斎の椅子に腰掛け退屈そうに伸びをする人物がいました。

チャラチャした様子で、書類全てに目を通すなんて大変すぎる!可愛い子ちゃんに会いに行く暇もないじゃーんと独り言を言うのでした。

まとめ

今回の記事では、愛されお姫様の転生日記 ネタバレ33,34話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら