漫画ネタバレ

愛されお姫様の転生日記 ネタバレ37,38話(ピッコマ)5年ぶりの帰還。王妃は殴られ失明し、教会に籠る日々でー

ピッコマで独占配信中のマンガ「愛されお姫様の転生日記」(原作、漫画 JIAN先生)37,38話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
カプセルが光り、皇宮でルナとアランを迎え入れるエレン。
アランの頼みでカライズを救出し強制帰還させますが、カライズはその星でまだまだやりたいことがあった様子。
星では女人化した樹木が、傷つけられエネルギーも奪われたと怒りをあわらわにしています。

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら

愛されお姫様の転生日記 37話のネタバレ

南の国の王宮・国王の書斎では、エレンがチェーンでカライズを引っ張りあげています。

ルナちゃん、お父上はもう帰ってくるわ!大丈夫よ、泣かないで!

そう言ってエレンがグイッとチェーンを引っ張ると、カライズの姿が見え始めてきました。

ルナとアランは可愛らしく並んで、父上!とワクワクして帰還を待ちます。

そして姿を表すや否や、エレンの顔面を思い切りキックしノックアウトするカライズ。

想像とは違った再会シーン。
現実を見た2人は、見事にドロップキックが入ったエレンを気の毒に思いつつ、カライズはあの星でまだやりたいことがあったために、アランとルナを先に帰したのだと察します。

しかしエレンは、3人とも無事に帰還したからもう私がここでやることはないわ!と顔面を氷で冷やしながら清々しく言うのでした。

そしてパーっと花の咲いたような笑顔で、それじゃあ5億ね!と5年分の国王代理の報酬を口座に振り込むように言うのでした。

手をパーにして5億の「5」を表し、安いもんよ!とやっと解放される嬉しさにスキップするエレン。カライズも承諾し、その件はセルジオに伝えろと言います。

ルナは時にコミカルながらも妖艶なエレンを見ながら、5年間何の反乱も問題も起こさず国王代理を務め上げたこと、そこまでの手腕がありながらも地位よりも自由気ままであることを選ぶ様子から、一体何者なのだろうと思います。

エレンはカライズを振り返り、距離を縮めながら言います。

呑気なことね!可愛いお嫁さんに5年も会えなかったら、私ならすぐに飛んで行くわ!

そして、アンタは冷たいわ!と指先でカライズの胸元を弾き、可愛いナーシャが失明をしたと言うのに気にならないのかと言うのでした。

カライズはその言葉に顔色を変え、王妃に何かあったのかと聞きー

愛されお姫様の転生日記 38話のネタバレ

王妃に何かあったのか?

そう聞かれ、そうよ!可哀想だったのよ!と話を始めるエレン。

エレンの話によると、5年前に3人がゲートに落ちた夜、カライズの母親がナーシャの部屋に向かい、大激怒してナーシャを殴ったのだと言います。

カライズもアランもルナもいなくなり、1人残された王妃は泣いていた。そこに現れたカライズの母親は心配をするどころかナーシャのことを、あんたは思った通りの不吉な女だと罵ったのだと。

そして、カライズがあなたを娶ってから不幸続きだと言って平手で王妃の顔を殴り、南の国は数百年もの間戦争もなかったのに、あなたが不吉な子を産んだせいでカライズは他国から攻め入られ怪我までした!と言い放ったこと。

それでも母の怒りは収まらず、ルークだけでなくアランも消えたこと、周囲から色々聞かされる私の立場にもなりなさいよ!と、口内を切り血を滲ませ、土下座をして何度も謝る王妃を尚も殴ったのだとか。

しまいには、不吉女は死んで詫びろ!不吉な娘たちもみんな一緒に死ねばいい!とまで言って。。

そして、その日から王妃は山の上の教会に籠り、誰も姿を見ていないわ!とエレンは言います。

サニーとスターシャが会いに来ても扉を開けず、自分は不吉なので母親と呼んではいけない、あなたたちを巻き込みたくないと言い、今後も来てはいけないと釘を刺し、祈りを捧げる日々。

妹は母上に要らないと言われたと泣き、姉は母上はきっと悲しんでいるから泣いてはダメだと涙を堪えていると。。。

まとめ

今回の記事では、愛されお姫様の転生日記 ネタバレ37,38話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話(定期更新中)はこちら