漫画ネタバレ

愛されお姫様の転生日記 ネタバレ43,44話(ピッコマ)ナーシャの治療のチャンスをカライズの母、ダリヤが邪魔をします。

ピッコマで独占配信中のマンガ「愛されお姫様の転生日記」(原作、漫画 JIAN先生)43,44話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
ナーシャがアランを抱きしめる姿を見て、自分のことは忘れてしまったのかと思うルナ。しかしナーシャはあなたが一番心配だったとルナを抱きしめます。
その後、上級女医師がナーシャの目を診察するも完全に失明した、他の医師をあたってくださいと言うのでした。

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話はこちら

愛されお姫様の転生日記 43話のネタバレ

陛下・・ すみませんが他の医師を呼んでください。

私の技術では治せないと言う女医のセーラ。

アランは泣きながら、セーラお姉さんが治せなければ他の誰も治せないよと言います。

セーラはイライラしながら、アラン殿下はもう8歳なのにそんなに泣き虫なのですか?この5年の陛下の教育は失敗でしたねと言いました。

ナーシャはそんなことを言わないでとカライズを庇い、陛下は1人で2人の子供を5年間見ていた。とても大変だったはずだと言いました。

するとセーラは、陛下が大変!?ナーシャだって大変だったじゃない!!そこの3人のために5年も泣き続けたって上級医師すら呼んでもらえないなんて! 陛下はご自身がナーシャの思いに値する人間だと考えたことはありますか? と言いました。

ルナは小声で、そこの絶世の美女さんと呼び、聞きたい事があると言います。

すると気を良くしたエレンがサッと振り返り、お姫様どうぞ!何でもお聞きくださいと答えました。

ルナは、あの女医さんはどうして陛下にあんな口の聞き方が出来るの?と質問します。

ルナ姫あのね、と話始めるエレン。

実はこの世界では、女性が医学を学びに学校に行く権利が出来ないの。でもあの荒々しいセーラは天賦の才能と分厚い面の皮で誹謗中傷にあらがって、10年の月日を経て独学で医師になったの。

彼女の腕前は上級医師と同等で、かつてはカライズの命を助けたこともあったと言いました。

だからカライズは彼女の態度が失礼でも大目に見てしまうのよと教えるのでした。

なるほど!ルナは納得しますが、ならばなぜ父上は母上のために上級医師を呼べないのかと言います。

エレンはお馬鹿さんねと言い、通常医師は「男」。なので、高貴な国王の母に触ることなんて出来ないのよ!とルナに教えるのでした。

愛されお姫様の転生日記 44話の感想

つまり・・・

この世界の医師は全員、男。
だから女性の診察は出来ない。

女性の体は未来の旦那様のものとされており、他の男は触ることだ出来ないので民間女性が病気になった時には、自然治癒か死を待つしかないと言います。

ただ、高貴な王室の女性の場合には誰も診れないことが無いよう、王室は女医師を雇っていること。

そして低級な医術が使える女医師が診察をすると言います。

だから。ナーシャがどんなに重い病を患っても上級医師を呼んで診察するのは無理なのよ・・と気の毒そうに教えました。

ルナは、性別がそんなに大事!?父上はそんなバカげた理由で母上の診療をさせないの?と言います。

すると女医のセーラが、このアホどもは命よりルールが大事なのよ!とフンと呆れたように言い放ちました。

カライズは言いました。

王宮ないの上級医師を残らずかき集めろ!! 王妃の目を診察してもらう。

驚きを隠せないセーラとエレン。

ルナとアランは、本当ですか?では母上の目は治るのですね!と表情を明るくしました。

しかし。ナーシャは、それはダメですわと言います。カライズは、俺がいいと言ったらいい!とナーシャを抱きしめます。

そこに、そんなことがあって良いわけがありません!!!とカライズの母であり、南の国の皇太后、ダリヤがやって来ました。

そして、
ナーシャ!あなたが気にしなくても私は恥ずかしいわ!!

他の男に指の1本でも触れさせるのならいますぐあなたを処刑するわ!と言うのでした。

まとめ

今回の記事では、愛されお姫様の転生日記 ネタバレ43,44話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 愛されお姫様の転生日記・ネタバレ全話はこちら