漫画ネタバレ

悪役として生きていきます10話ネタバレ(ピッコマ)と感想!大将からの贈り物|イブリアはワイバーンを友達だと紹介し、リダンに手柄を渡すと言いー

ピッコマで独占配信中のマンガ「悪役として生きていきます」(原作 Kim daham先生、漫画 BeBe先生、文 DJH先生)10話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
ワイバーンの死骸に火の痕跡を見て、相手はかなり強い知性体だと推測するリダンとエル。
その頃、活き活きとワイバーンをやっつけるハリーに元にワイバーンの大将が現れます。
人間の邪魔をしない代わりに仲間を殺さないでほしいと言う願いにイブリアはー

 

→→ 前話「悪役として生きていきます」9話ネタバレはこちら

→→「悪役として生きていきます」ネタバレ全話まとめはこちら

悪役として生きていきます 10話のネタバレ

デキル
ニンゲン ジャマ 
ヤメサセル

葛藤の末、ワイバーンを捕まえるのをやめると言ったイブリア。

するとワイバーンの大将は、自分の体からウロコを1枚剝がしました。

コレ  ヤル

そう言って紫色の大きなウロコを渡すと、ワイバーン一族は皆、このウロコが大将のものだと分かると言います。

そしてこれを持っていれば、ワイバーンたちは言うことを聞くと言うのでした。

これがあるとワイバーンが従うってこと?

イブリアが聞くと、大将はそうだ!と頷き、

カシコイ コドモノ ニンゲン リス♪

と言って嬉しそうにブンブン首を横に振るのでした。

リス??
誉め言葉かしら??

イブリナが聞き返すと、リス!ヒカル リス!とイブリアに頬ずりをし、とてもご機嫌な様子です。

ありがとう!

イブリナがお礼を言うと大将はヒュっと身を翻し、イツデモ タスケヲ ヨベ サラバ と言って飛び立ちます。

そして

ヨビカタ ヒトデガ シッテル

と言うと、より一層空高く羽ばたくのでした。

? ヒトデ = ハリー ?

2人は一瞬ポカンと言葉を失うも、おいコラ!ヒトデって俺か?ハリーがそう言った時には既にその姿は遥か遠くにあるのでした。

イツデモイク・・
ヨロコンデ・・

 

・・・行ったわね。

大将を見送ると、ハリーは俺よりアイツの味方をするなんてヒドイじゃねーか!とイブリアに詰め寄ります。

さすがにあの状況じゃあねえ・・しどろもどろしながら言うイブリア。

そしてスネ顔のハリーに、別の方法を探しましょう!ハリーのことはちゃんと考えているからと言って宥めるのでした。

それにしても、こんなのゲットしちゃったわ!!
イブリアが大将のウロコを持ち上げると、周囲からバサバサと言う音が聞こえ始めました。

見上げると、ワイバーン群れがこちらに向かって来ています。

そして ドオオオンっ とすごい迫力でイブリアとハリーを囲むように着地しました。

 

降り立ったワイバーンにイブリナが、仲間を傷つけてごめんなさいねと言うと、人懐っこくすり寄って来ます。

そこに、

うわああああああああ!!

叫び声がするかと思えばライオネル卿はこの状況に驚き、剣を放り投げて転倒していたのでした。

後ろからも お嬢様!と剣を構える騎士たちが数名おり、さっそくバレてしまったかとイブリナはため息をつきました。

===================

ワイバーンの背に乗り宙を舞うイブリア。

怖くないのか?ハリーに聞かれますが、むしろ馬よりも断然乗り心地がいい!と、とても楽しそうな声を上げます。

そしてそのまま城に向かい着地しようとすると、場内では驚きの声が上がりワイバーンを迎え撃とうとします。

攻撃しないで!!

その場に降り立つイブリアと犬のハリー、そしてライオネル卿。

お嬢様、これは一体どういうことですか?

リダンとエルは目の前の状況に困惑します。

殿下、少しお時間宜しいかしら?

 

イブリアはワイバーンを撫でながら、ご覧の通り、新しいお友達が出来たのだと言いました。

リダンはワイバーンを手名付けられると言うなら、確実にコントロールできると言う保証はあるのか?と聞きます。

もちろん!やってみればすぐに分かるわ。イブリナは答えました。

しかし、その方法を王室に提供する気は無いと・・?

イブリアは当然!と答えます。

その代わり、殿下に手柄をお渡しします。
ワイバーンの問題が解決したと王室に連絡して頂戴。

にわかに信じがたいと言った表情を浮かべるリダン。

それで君が得る物は?

もう2度と会いたくない人に会わなくて済むこと!
ワイバーンの問題が解決すれば王室もここに構うことは無いだろうし、きれいさっぱり清算してずっとここに住むつもり!と言いました。

たかがそれだけで手柄を譲るのか?と疑うリダンに、自分にとってそれは大きなことだとはっきりと言います。

それに、先日嫌な思いをさせられた王太子殿下に手柄を譲るのは嫌!
そう言ってチラリとリダンを見るイブリア。

原作を知るリアンは、カシアンが王になって数カ月後、遠く離れた大陸でリダンの時計が血だらけの状態で発見されることを知っていたのです。

おそらく、カシアンの放った暗殺者に殺されたのだろう・・
そして、この原作で命を落とすのは、イブリアとリダンの2人だけなのでした。

そのためか、自分でもちょっぴり同情目線かもしれないと思うイブリア。

すると、いいだろう。その毒入りの聖杯を受けよう!とリダンは言いました。

失礼な!毒なんて入っていなわよ!
ともかく、もう遅いから続きは明日に話しましょう!

イブリアがそう言って犬のハリーと部屋に戻ると、なぜか後ろをエルが付いてきます。
くるりと振り返り、イブリアはエルに言いました。

ところで、なぜ付いてくるのかしら?
エル・ロイツ卿?

 

悪役として生きていきます 10話の感想

ワイバーンの大将がイブリアを「リス」ハリーのことを「ヒトデ」と呼んでいたのが可笑しかったです。

そしてとても人懐っこいワイバーン。はじめに大将に会えていたら、仲間も傷つかずにすんでいたかもしれないですね!

しかし、そうなるとハリーが大変ですが・・

そしてリダンの賭けですが、吉になりそうな予感ですね!

続きが気になります!

まとめ

今回の記事では、悪役として生きていきます10話ネタバレ(ピッコマ)と感想をご紹介いたしました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 次話、「悪役として生きていきます」11話ネタバレはこちら

→→「悪役として生きていきます」ネタバレ全話まとめはこちら