漫画ネタバレ

半径10mの恋 ネタバレ7話(ピッコマ)と感想!周防は謙士郎に振り回された挙句にー

ピッコマで独占配信中のマンガ「半径10mの恋」( 原作、漫画 Lamp先生)7話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
職員用の食堂が利用出来なくなり、ひょんなことから謙士郎と食事に行くことになった周防。
馴染みの店で注文したスープに薬味を入れ、謙士郎の目の前に置く周防。すると嬉しそうな謙士郎はスプーンですくって周防の口元にー

→→ 全話ネタバレはこちら

半径10mの恋 7話のネタバレ

謙士郎にスプーンで「あーん」される周防ですが大きくため息をつき、いかにもやってられないといった感じ。

それでもこの状況をさっさと終わらせるため、無言でそれを受け入れます。

謙士郎にも美味いから食えと促しますが、当の本人は人の面倒を見るのが好きだし、俺があげたのを美味しいって言ったよねと、やめる様子はありません。

苛立った周防は1人で食べられる!とキッパリとスプーンを払いのけますが、それを見ていた食堂のおばちゃんは謙士郎に同情的。

周防を思ってのことなのになんて冷たいのだ、これでは謙士郎が可哀想だと言います。

まさかと思いつつチラリと視線を送った先には、しゅんと項垂れ、周防に謝る謙士郎の姿がありました。

おばちゃんの、だから言わんこっちゃないと言ったオーラと食堂のお客さんの視線に完全に固まる周防。

我に返った周防は謙士郎にボソッと謝るのでした。それを聞いた謙士郎は元気を取り戻し、それならば!と再び上機嫌で謙士郎に食事を食べさせ始めます。

前回にも増してあれもこれもと食べさせる謙士郎。一方で周防は、さっきの一件があったのでひたすら食べる続けるしかありません。

テーブルに並ぶお皿が綺麗に空になった時、ごちそうさま美味しかったと満足気に声を上げたのは謙士郎の方でした。

食べたのはお前じゃなくて俺だろうがと心の中で突っ込む周防。

そして周防が満腹で動けないでいる間に謙士郎はお会計を済ませてしまうのでした。

そこでレジの店員さんが受け取ったものは

 

なんと 10万円の小切手

 

戸惑う店員さんに全く気をとめず、謙士郎が気になったものと言えばレジのところに置いてある飴でした。

口直し用のサービスだからと店員さんに教えてもらうと、謙士郎は大喜びで入れ物ごと飴玉をもらってしまうのでした。

店員さんが飴玉は1人1つであることと、先程のお釣りについて謙士郎に話しかけますが、彼は気にすることもなく店の外へ向かっています。

尚、この間の周防は食べ過ぎにより何も話すことが出来ませんでした。

店の外へと移動したところで、謙士郎は先程の飴を周防に食べさせようとします。

メシの次は飴かと軽口を叩きますが、同時に気になっていたお釣りを受け取らない理由や子の小切手に書かれた10万円の出どころに関して、尋ねてみるのでした。

謙士郎に言わせると、飴が1人1個のことは知らなかったとのこと。
また、持ってきてしまった分の飴は食事のお釣りの分のお金で補填をするか、次回来た時の食事代をあらかじめ先払いしたと思えばいいのでは?と言います。

そんなことを話している時に、2人の目の前に学年主任の先生が現れました。

そして謙士郎に、教職員用の食堂を使えなくしたのは謙士郎では無いかと詰め寄ります。

それはどういうことかと居合わせた周防が事情を聞くと、誰かが調理室のガスをいじったため、料理の全てが真っ黒に焦げてしまったことが原因だと言います。

更に学年主任は、犯人を探すべく監視カメラの映像を確認すると、そこには謙士郎が写っていた。なので犯人には間違いないと断言します。

周防は不吉な予感がしつつも、謙士郎は今まで自分と一緒にいたと学年主任に言います。

謙士郎のことも気になりますが、今度は満腹により気分が悪くなってしまいそれどころではありませんでした。一刻も早く胃薬を飲みたい一心です。

また、学年主任は普段の周防を見ても、とても嘘をつくようには思えず、今回は謙士郎を見逃すことにしました。

そして学年主任がを去って行くと、周防は謙士郎に、この件はお前の仕業なのかと尋ねます。
謙士郎はニヤニヤしながら俺がそんなことをするように思うかと逆に周防に質問を返します。

心の中では速攻「思う!」と答える周防。しかし、胃もたれがひどい周防はそれ以上は何も聞くことは出来ませんでした。

教室に戻って、帰りのホームルームの時間になりました。
謙士郎は一緒に帰ろうと誘う気満々でしたが、ホームルームに現れたのは周防ではなく学年主任でした。

周防は午前は元気だった周防の具合が悪くなり、急に歩行も出来なくなったとのこと。

やはり謙士郎が何かしたのでは無いかと発言をしたため、クラスメートとたちもざわつき始めるのでした。

半径10mの恋 7話の感想

今回は色々と話が動き始めましたね!

謙士郎に案内されたランチの場所は高級住宅地でした。しかもお店にも詳しそう!

結局は周防の案内で庶民派なお店に入りましたが、小切手による支払い。その金銭感覚の気になります。

謙士郎はお金持ちの家の子なのでしょうか?

また、ランチタイムに職員用の食堂が使えなくなったことの原因も、謙士郎が携わっているのでは無いかという疑念。

そして周防は対して、もう恐怖を感じていないのでは無いでしょうか。

次回、事態がまた動き出しそうですね!

まとめ

今回の記事では、半径10mの恋 ネタバレ7話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 全話ネタバレはこちら