漫画ネタバレ

悪役として生きていきます19話ネタバレ(ピッコマ)と感想!ユピテルの代弁をするイブリア。ライオネル卿の成長に影響される兵士たち|そこに父が現れ

ピッコマで独占配信中のマンガ「悪役として生きていきます」(原作 Kim daham先生、漫画 BeBe先生、文 DJH先生)19話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
村一番の家事職人、リッシュを雇用したイブリアは彼女の為に鍛冶場を建設します。
ユピテルの修理を終えたリッシュは黒鉄木は魔晶木だと言い、それを証明します。
不毛なエレールにビッグチャンス到来!
お金と欲望絡みの厄介事はパパに任せる!と希望に燃えるイブリアなのでした。

→→ 前話「悪役として生きていきます」18話ネタバレはこちら

→→「悪役として生きていきます」ネタバレ全話まとめはこちら

悪役として生きていきます 19話のネタバレ

リッシュが作った青曜石を公爵に送ったイブリア。

父がどんな反応を見せるか待っている間に、剣術を身につけようと考えます。

そこに指南役として現れたライオネル卿は、私自らが志願しこの大役を仰せつかったのです!と実に嬉しそうです。

しかし、その後ろでコソコソとする兵士たちの様子を見るからに、多忙なワイバーン訓練に加えて令嬢の世話をするとなれば、他に志願者はいなかったのであろうと簡単に推測出来ます。

もしかするとライオネル卿は、教える能力に長けているかもしれない・・

一筋の望みを託し、よろしくね!と言えば、満面の笑みでお任せください!!と意気揚々に片手を上げます。

そして早速構えを披露しますが、意識をすると手足がバラバラになり急にこんがらがってしまう!とパニック状態です。

やはりね・・ イブリアとハリーは離れた場所に座り、ヒョコヒョコと動くライオネル卿を眺めるのでした。

行動は滅茶苦茶ですが身体条件は良いです
訓練次第でいい剣士になりますよ!

そう評価したのはユピテルでした。

なるほど、確かに良い身体をしているわね

ユピテルはライオネル卿を見つめ、構えはもっと足を開くと良いことや力を抜いて姿勢をまっすぐにすると良いなど、思ったままをイブリアに伝えます。

ユピテルに代わり、そのアドバイスを伝えると大変動きやすくなりました!!と感動するライオネル卿。

素直な姿に感心していると、犬の姿のハリーも希望が見えたなとチラリとこちらを見るのでした。

こうして毎日鍛錬し、バンバン腕を上げるライオネル卿。

一方、剣術を身につけたいとは言ったものの、イブリアはそのそばでユピテルのアドバイスを伝えるという役柄が習慣化していました。

何度か頑張っては見たものの、意外にも虚弱体質で演武場を2周もすればバタリと倒れ込むイブリア。

それに対しユピテルは、体内の魔力が筋肉の生成を阻止しているのでは?と稀なケースを伝えます。

(魔力・・0.5なんだけど!)

イブリアはなぜユピテルは私に抜かれたのかと聞きます。すると

剣の達人に私は要らない。
ご主人様にこそ必要だと思ったのです。

ユピテルは自分なりの考えを述べましたが、つまりは私がこれまでで一番へなちょこだったと言うこと?と聞くと、無言を貫き通すのでした。

そこへ、2人の兵士が来てイブリアに自分たちの剣技も見ていただきたいと言います。

聞けば、ライオネル卿めざましい進歩はイブリアの指導があってこそと聞いたと言います。

そしていつの間にか、お嬢様は剣術を極めているという噂にまでなっていたのでした。

鋭い観察眼と、一見隙だらけな自然体!
私たちには到底及ばない境地です!!

若い兵士は情熱的に思いを語りました。

(極めてるのはあくまでユピテルなんだけど・・)それはまあ、そうね!とイブリアが答えると、2人は感激した様子で、自ら訓練されると言ったのも実は私たちのためだったなんて!とキラキラと目を輝かせます。

そうしたお嬢様の思いも知らず面倒がっていたとは・・2人は自分たちを恥じ、一生お嬢様についていきますと言うのでした。

すると後ろにいた兵士たちも、私たちもついていきます!!と心を一つにするのでした。

(全然違うし!なんでこんなに面倒なことになるのよ!)

それからは、集団で剣を振る兵士たちの前にハリーと腰かけ、個別にアドバイスを送るイブリア。

兵士たちは稽古を終えると清々しくお礼を述べます。

(全く私は何やってんだか・・)

その様子に、指南役が板についてきたな!と笑い出すハリーとユピテル。

ちょうどその時、元気そうだなと言う声がして顔をあげると、なんと父である公爵の姿がありました。

久しぶりだなと言う父に、ここまでいらっしゃるとはと答えるイブリア。

(お前が元気なのが気に入らないのか?)

ハリーは思ったままを伝えます。

顔立ちといい表情と言い、その上眼力までもが強い二人が向き合うと、どうにも穏やかでない風に映ります。

ユピテルとハリーは、仇にでも会ったかの様だ!とかおっかない人相だ!とコソコソと言いたい放題しますが、イブリアには丸聞こえです。

気を取り直したイブリアが、笑顔でラパッシュの鍛冶場を教えると案内はないのかと言う父。

雷でも落ちそうな不満顔を不思議に思いながらも、案内をすると改めるイブリア。

少し離れたその場所まで、父は馬車ではなく歩いて行こうと言うのでした。

悪役として生きていきます 19話の感想

イブリアが虚弱体質なことに驚きました。

同時にライオネル卿は、今まで良き師に出会えなかっただけだったのだなと思いました。

勘違いもあって、エレールの兵士たちもレベルアップしそうな予感ですね。

さて、イブリアと公爵である父。まだ互いの印象などは良くわかりませんが、来てくれたと言うことは少なくとも悪い感じはしないですよね。

娘に対しての気持ちか、ビッグチャンスへの期待か。

この機会をきっかけに、エレールがどう変わっていくかが楽しみです!

まとめ

今回の記事では、悪役として生きていきます19話ネタバレ(ピッコマ)と感想をご紹介いたしました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 次話、「悪役として生きていきます」20話ネタバレはこちら

→→「悪役として生きていきます」ネタバレ全話まとめはこちら