漫画ネタバレ

半径10mの恋 ネタバレ13話(ピッコマ)と感想!謙士郎を放っておけなかった周防

ピッコマで独占配信中のマンガ「半径10mの恋」( 原作、漫画 Lamp先生)13話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
兄、誠士郎の帰国パーティーに参加するも、一族の謙士郎への態度は冷淡で差別的。あえて兄の過去の恋愛話で場の空気を乱し、自ら会場を去る謙士郎。家出先候補の蓮に断られ、向かった周防宅で犬を飼う気はないかと聞く謙士郎

→→ 全話ネタバレはこちら

半径10mの恋 13話のネタバレ

元気良く、満面の笑で「ワン!」と鳴き真似をする謙士郎。
あっけに取られた周防は、振り返ったまま手にしていた飲み物をこぼし、その場に凍り付くのでした。

たった今、犬アレルギーになったと言う周防に、だったら猫ならどうかと言う謙士郎。
そして自分を置くメリットを並べ立てます。

毎朝学校までバイクで送ること、家事を手伝うこと。
生徒のバイクに乗る教師がどこにいる!と思いますが、洗い物や洗濯物が山積みの周防は、後者に関しては言い返すことが出来ません。

反面、周防の家の場所や1人暮らしであることも知っていた謙士郎を不思議に思います。

ともかく。さっきの2つにメリットは感じないし、面倒なことになる前に帰れと言う周防。
すると自分のすぐ後ろに立つ謙士郎。彼は急に静かになって話始めます・・・

実は家族と仲が良くないこと、特に兄とは。
最近その兄が帰国したため、自分は行き場所がないこと。

そんな時、頭に浮かんだのが先生だった。
迷惑もかけない、数日でいいから泊めさせてほしいー

周防は「卑怯だ!」と思いつつ、謙士郎のことが雨の日に捨てられた子犬のように見えてきました。

無視しよう、いや放っておけない。

いや、家出した生徒を帰すのは教師の義務。・・さすがにマズイ、ちゃんと帰そう・・!!

そして

 

・・・。服、洗濯しろ

葛藤の末、周防は見て見ぬふりが出来ず、雨の日に捨てられた子犬を拾ってしまうのでした。

謙士郎は大喜びでパジャマに着替え、はしゃいでいます。

ベッドを譲り、床に布団を敷く周防の腰を持ち上げ、意外と軽いねと言います。

ジタバタする周防を気にもとめず、下ろせと言われるとそのままベッドにおろすのでした。

ベッドがあるのにどうして床で寝るの?と聞く謙士郎に、後ろから抱きしめられた形になる周防。

尚も言葉を続けようとした謙士郎ですが、信じられないことにそのまま眠りについてしまったのでした。

周防は寝てしまった謙士郎から脱出を試みますが体の大きさからも失敗し、3日だけ面倒を見てやろうと決め、眠りにつきました。

翌朝目を覚ますと、服を脱いだ状態の謙士郎が向き合った姿勢で、おはようと言うのでした。

飛んだサプライズとはこのこと。服を着せた謙士郎に今何時かと聞けば、アラームを止めたのが7時ごろだと言います。 ーー止めたのが???

遅刻決定なのに焦る必要もないと言う謙士郎に、見えない怒りの炎がメラメラする周防ですが、約束通り送るよ!10分以内に学校に着く!と言う周防のバイクの後ろに乗ることにしました。

今更ながら免許はあるのか?この新車らしきバイクはわざわざ買ったのか?金があるなら家を買え!と言いますが、それには答えず謙士郎は出発しました。

謙士郎の運転にクラクラしながらも、間に合うことは間に合った周防。
そこには風紀委員の蓮がいて、あと5分だから急ぐように言います。

校門をくぐろうとすると蓮が、昨日は一緒に寝たのかと聞きます。

素直にうんと言う謙士郎とアタフタ誤魔化す周防を見て、蓮は言いました。

なら、お互いのシャツを交換しているのは知らないふりをした方がいいですかね?

それを聞いた途端、チャイムが鳴るのでした。

半径10mの恋 13話の感想

まさかの謙士郎のお宅訪問。
即ドアを閉めるもインターホン攻撃で、隣人の静かにしてくれ発言。

となれば、家に入れるしかなかった周防。
頭では家に帰さなくてはと思うのに、結局謙士郎を泊めてしまうことにー

予測はつきましたが、なんだかんだ謙士郎のペースですね(笑)

目覚めれば裸だし、アラームは止めるし、運転はガンガンだし。
最後には蓮の突っ込みも入り、同棲(?)初日から振り回されっぱなしの周防。

この続きも楽しみですね!!

まとめ

今回の記事では、半径10mの恋 ネタバレ13話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 全話ネタバレはこちら