漫画ネタバレ

半径10mの恋 ネタバレ20話(ピッコマ)と感想!9組の隠し芸と、1位を諦めない謙士郎

ピッコマで独占配信中のマンガ「半径10mの恋」(原作、漫画 Lamp先生)20話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
待ちに待った修学旅行。生徒が私服なことに安心する周防は、謙士郎にせがまれお揃いの格好に。謙士郎の思惑でフライトから観光地めぐりも二人の世界。
ホテルに着き、クラスメイトにレクに優勝すれば担任が喜ぶと聞いた謙士郎はー

→→ 全話ネタバレはこちら

半径10mの恋 20話のネタバレ

レクレーションの時間のなりました。

隠し芸大会から始めると言う司会進行に、会場は湧き立ちます。

周防は会場に自分のクラスだけいないことに気がつき、心の中でツッコミを入れますが司会者はお構いなしにプログラムを進めます。

いよいよ、最初の参加者の紹介が始まると

「なんと9組全員です!」とのアナウンス。

あまりに衝撃的で予想外の展開に、担任の周防は固まります。

実はこの30分前。
クラスメイトの前に立ち、特技はないのかと聞く謙士郎の姿がありました。

全然事態が飲み込めない面々に構わず、だったら歌はどうだ。それなら全員歌えるだろうと言い出す謙士郎。

更に、全員知っている歌と言えば校歌だと言いますが、誰も謙士郎に突っ込むことが出来ず、9組は隠し芸大会に全員で校歌を歌うと言う内容で申し込みを済ませたのでした。

クラス全員で隠し芸大会のステージに上がった9組。

出し物の歌は校歌だと知り司会は若干引きますが、そのまま進行を続け会場に拍手を促します。

指揮者として静かに礼をする謙士郎を見て、周防はこれは謙士郎の仕業だと気がつきます。

会場にはピアノが鳴り響き、謙士郎と同じクラスだったためにステージにいるクラスメイトたちが校歌を歌い始めますが、その表情も歌声もまるでレクイエムのようでした。

周防ですら恥ずかしさで見ていられずに途中退席しますが、合唱を終えた謙士郎は相当なドヤ顔を見せるのでした。

その後は各生徒のダンス等の出し物があり、サプライズで先生たちの出し物がありました。

この担任プロジェクトという名の出し物は、舞台にいる自分の担任が司会者に紹介されたら大声で声援を送ると言う単純なもの。

それでも1位をとれば500ポイントが加算されます。

それぞれのカラーで盛り上がり、いよいよ9組が呼ばれますが、いまいち弱い反応。

周防はみんなが私服ではあるものの、場の空気と集まる視線にトラウマも蘇り吐き気がします。

体調不良で舞台を降りようとした寸前、「周防先生〜」と呼ぶ声が聞こえます。
そちらの注目が集まると、声の主の謙士郎は「大好きだよー」とラブコールし、会場も司会も大盛り上がりします。

その時、周防の胸はドキンと言うのでした。ドキドキして、更に顔まで赤くなってきますが、そこに司会者が一言くれとマイクを向けてきました。

戸惑う周防に、場の空気を読んで俺も好きだとか盛り上げる発言をして欲しいと言います。

「あとで居残りだ」そう言って、あ・・・と思った周防はステージを降りますが、司会はこれはフラれたと言うことか!と慰めの500ポイントを加算するのでした。

そして、9組は今2位だと言うクラスメイト。2位の商品はお菓子1箱なので、みんなは喜ぶと言います。

これも謙士郎のおかげだと、クラスメイトがお礼を言いかけた時、1位になるにはどうしたらいいのかと謙士郎が聞いて来るのでした。

隠し芸大会もフィナーレとなり、最後の出し物です!!と司会者が言うと、ギターを持った謙士郎が再びステージに登場したのでした。

「それではお聞きください。井上謙士郎君で”初恋”です」

半径10mの恋 20話の感想

おそらく、謙士郎としては初めての修学旅行を楽しめているようですね!?

クラスメイトも巻き込まれますが、今回の修学旅行によって、謙士郎の周囲へのイメージも変わりそうな気もしますね!

そして、謙士郎のギターと歌の腕前はどれほどなのでしょうか??

まとめ

今回の記事では、半径10mの恋 ネタバレ20話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 全話ネタバレはこちら