漫画ネタバレ

女神育成システム ネタバレ12話(ピッコマ)と感想!輝じい登場!天命に任せ、家族の調和の道を選ぶ源太郎

ピッコマで独占配信中のマンガ「女神育成システム」( 原作、漫画 Da Zui先生)12話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
ありさが自分の所に来てから全てが快適な源太郎。しかしありさは尽くし方を間違えたと、軌道修正を行うことに。
もし自分に仕えろと言ったらどうするかと聞く孝太郎に、喜んで!というありさ。
予想だにしなかった答えに源太郎はー

→→ 前話11話のネタバレはこちら

女神育成システム 12話のネタバレ

すっかり調子も狂い、対局に負け、不機嫌にその場を後にする源太郎。

随分怒っていたなと言う孝太郎に、美和は兄さんがからかい過ぎたからだと言います。

源太郎が世間知らずなだけだとしながらも、それにしてもお前があてがったありさは本当に賢い言う孝太郎。

美和は、さっきのあの子たちの顔を見たかと言います。

とても美味しいお菓子があっても、それを知らない源太郎。

ありさは当然知っていたことを自分たちは知らず、よほど焦りを覚えたであろうと言う出来事。

孝太郎は手元から菓子を1つ摘まみ上げます。

そしてありさの淹れた竹茶を眺め、本当に奥ゆかしいと言いました。
それから少し間をあけてもったいないな とつぶやく孝太郎。

一方で
おぼっちゃま!そう呼んで源太郎を追いかけ、1試合負けたくらいでそんなに怒らなくても、と言うありさ。

ありさは源太郎の様子を確認します。

とても怒った様子の源太郎に、もしそうなら作戦は成功したということかもしれない!と思うのですが、ありさに声をかけられた源太郎は、乗馬をしてくるから先に帰ってろと言うのでした。

意表を突いた行動に、作戦は効果があったのか否か分からないありさ。

源太郎は馬を走らせ、川で釣りをしている老人の所に向かうのでした。

ついに来たか、と言う老人。
ここで何年も釣りをして源太郎を待っていたが、無駄ではなかったと言います。

輝じい。源太郎は老人をそう呼びました。
そして、前に言っていたことがようやくわかったと言うのでした。

今までたくさんの話をしてきた輝じいは、それはどの話のことかと聞きます。

すると源太郎は、佐竹家には俺のものは何もない。小娘の1人さえ思う様に出来ない自分は、ただの坊ちゃんという肩書しかないと言います。

府の中では何でもやりたい放題。でも所詮、それは全て親から与えられたもの。

源太郎は、自分の欲しいものを他の奴も欲しがっている、そんな時自分はどうしたらいいのかと聞きます。

輝じいはすぐには結論を出さず、孝太郎のことをどう思うかと聞きます。
源太郎は、多くの人からの人気も才能もある優れた人物だと答えました。

確かに詩経にも精通している。しかし、戦に関してはどうだ。戦は源太郎の得意するところだ、と輝じいは言います。

それなのに将軍は、時期将軍に孝太郎を推薦した。この理由が分かるか?と源太郎に聞きます。

それは、自分が優秀ではないからだと言う源太郎。
でも、輝じいの答えは違いました。

そうではない、あなたが妾の子だからだ!と言い切る輝じい。

源太郎はその言葉を聞き、頭をガツンと殴られた様な気持ちになりますが、輝じいは続けます。

源太郎の生みの親は難産の為、源太郎を出産すると他界してしまった。
それを哀れに思った将軍が、母子ともに正室同等の待遇を与えたこと。

今まで横暴なことをしてもをしても叱られたことの無い源太郎。一方で孝太郎はと言うと、書庫に送られ勉強させられたこと。

そして、輝じいはこう言うのでした。

側室の子は所詮側室の子に変わりはない。坊ちゃんは運命を天命に任せるのか、と。

源太郎は尊敬する両親、それに兄妹の為にも自分はそれを壊すことは出来ない。と言い、今日はここに来なかったことにしてくれと帰っていくのでした。

輝じいはポツリと、良くない風が吹いている。一体誰がが吹いているのかと言うのでした。

女神育成システム 12話の感想

一見 天真爛漫で豪快な印象の源太郎。

今回の対局をきっかけに、様々なことを思い知らされた様ですね。

馬を走らせた時は気分転換にでも行ったのかと思いましたが、輝じいと言う存在がいたのですね!

自分の人生を切り開く決断を諦め、家族の調和と現状維持を選んだ源太郎。

その選択は今後も揺らぐことはないのでしょうか?

また、ありさの次の手も気になります!

まとめ

今回の記事では、女神育成システム ネタバレ12話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介しました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 次話13話ネタバレはこちら