漫画ネタバレ

毒より強い花ネタバレ58話(ピッコマ)あらすじと感想!舞を披露し周囲を魅了する雪陌!琵琶ごと抱き寄せ演奏する寒山月|我に返った人々は驚き

ピッコマで独占配信中のマンガ「毒より強い花」(原作 穆丹楓先生、漫画 HANTAI先生)58話のネタバレをご紹介しています。

前話のあらすじ
至急もてなしの準備を!と命じる皇帝に、突然の訪問ゆえお気になさらずと言う瑛准。
縁があると雪陌の隣に座ると、孤独な星だと言う女性たちを一喝します。
親しげに酒を酌み交わす2人に不機嫌になる寒山月と季云凰。
体調不良で先に帰る瑛准に代わり、家臣がお嬢様を送りますと言いー

→→ 前話、「毒より強い花」ネタバレ57話はこちら

→→「毒より強い花」ネタバレ全話・リストはこちら

毒より強い花 58話のネタバレ

夜遊会の宴会場では皇家の女性が美しい舞を披露し、拍手に包まれます。

瑛准が体調不良で帰り、1人で酒を飲む雪陌も皆につられて拍手をします。

するとその女性が雪陌に自分の舞について尋ね、それより酒が好きか、それとももっと踊って欲しいのかと聞きます。

そして矢継ぎ早に質問した挙句、雪陌の返事を待たず、寧家のお嬢様も腕前を披露してはと言います。

周囲は雪陌に踊りが出来るものかと言いますが、お見せください!と言う声も飛びます。

雪陌がそれに答えるべく分かりました!と言って杯を置くと、周囲はそのノリの良さに盛り上がり、ヨシ!と言う声や笑い声に包まれるのでした。

季云凰は心配そうに、酒が入っているからとやらなくて良いと言いますが、雪陌は皇帝に着替えをしてきますと言いました。

あの千鳥足で踊れるのか?
まあ見てみよう。

しばらくしてボロンと弦の音が響くと、髪を結い天衣を纏った雪陌が琵琶を持って登場しました。

色っぽく、露出も高めの姿。

会場の女性たちは目を見開き、男性たちはうっとりした表情でボーッと雪陌を見つめ続けます。

寒山月に至っては、驚きと不機嫌が混ざった様な顔をしています。

これにはさすがの皇帝も顔を赤くし、そのように着飾って何を踊るのかと聞きます。

飛天ですと答えると、雪陌は優美に堂々と舞い始めます。

本当に雪陌なのだろうか?
仙女が空から舞い降りてきた様だ!

するとそこにいる男女全てが雪陌に魅了されていき、感嘆の声を漏らすのでした。

 

しかしー

 

突如それは耳を塞ぎたくなる様な不快な音に変わります。

(何!どう言う事?)

雪陌は何が起こったのかと周囲を見ますが、何かの力が働き調節が効きません。

すると・・・

琵琶を持つ雪陌をスッと背後から寒山月が抱き寄せます。

耳元で動くなと言うと念力でツボを刺激し、雪陌の動きを封じてしまいます。

その格好で琵琶を弾く寒山月。

(なんでわざわざ私を抱きながら琵琶を弾くのよ!?)

そして不快な音色だけにとどまらず、強烈な冷気までがなだれ込んで来て、人々は寒さで震え始めるのでした。

寒山月は雪陌を抱きしめながら、今はただ心を無にする様にと言います。

雪陌が目を閉じ、意識を集中させる様子を確認した菅山月は琵琶をポンと叩きます。

すると二つのエネルギーが発生し、今度は温度が上昇します。

人々は暑い暑いと言って上着を脱ぎ始め、雪陌は改めてなんでこの格好で演奏するのかと菅山月を睨みつけました。

寒山月は寒山月で何か思う所がある様ですが、雪陌もまた、一体寒山月は何を考えているのかと思考を巡らせるのでした。

その時、ゴーーーーンッッと大きな音が鳴り響き、人々は我に返ります。

暑さで上着を脱ぎかけていたことに驚く人々、そして季云凰と提燈は雪陌の名を呼び、雪陌が菅山月に琵琶ごと後ろから抱き寄せられている姿に驚く2人。

さらに、2人の声で雪陌たちに注目した人々は、あの寒山月大師が女人を・・!!とまるで雷に撃たれたかの様な衝撃を受けるのでした。

毒より強い花 58話の感想

寒山月の行動がイマイチよく分かりません。

酒に酔って飛天を踊ると着替えて現れた雪陌を、他の人には見られたくないのだろうなと思いつつ、その後の行動が・・

言葉少なげな人物なだけに、何があったのか続きが気になる所です。

それにしても長空国の人々は、雪陌の評価もコロコロと変わりますね。

季云凰や寒山月、瑛准とたくさんの男性が関心を寄せるだけあって、良くない噂と実物の魅力的な所の振れ幅がとても大きいのでしょうね。

まとめ

今回の記事では、毒より強い花ネタバレ58話(ピッコマ)あらすじと感想をご紹介いたしました。

今後の展開も随時更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

→→ 次話、「毒より強い花」ネタバレ59話はこちら

→→「毒より強い花」ネタバレ全話・リストはこちら