漫画ネタバレ

公爵家の99番目の花嫁【44話】一部ネタバレを含むあらすじと感想・考察!告白|神殿に向かうグレイス

ピッコマで独占配信中のマンガ「公爵家の99番目の花嫁」
原作・文 ChoiNokki 先生、作画 Geumbi先生
44話の一部ネタバレを含むあらすじや考察・感想のご紹介しています。

前話のラストシーンは?
執務室で書類に目を通していたノエルはバルコニーに人の気配を感じます。
窓を開けると、そこにはグレイスの姿が。
何をしているのかと尋ねると、夜の散歩に行こうと誘うグレイス。
ノエルはちょっぴり顔を赤くすると、そなたが望むならいくらでも付き合うと返すのでした。

← 前話に戻る この作品のネタバレ一覧へ 次話に進む →休載中

 

 44話の一部ネタバレを含むあらすじ

告白

夜の散歩に出かけた2人。

小高い丘の芝の上に座ると、煌々と輝く満月を見つめます。

満点の星空の下、聞こえてくるのは葉が風に揺れる音だけ・・

ノエルはチラリとグレイスを見ると、今日はやけに口数が少ないなと思うのでした。

すると

” ありがとう “ の意味を尋ねるグレイス。

あの時、死んだように床に転がるグレイスを見つけ、ガタガタと震えながら呼吸を確認したノエル。

息をしていると確認が取れた時・・ノエルはグレイスを抱き起こし、ありがとうと言って強く抱きしめたのです。

どうしてそれを知っているのかと顔を真っ赤にするノエルに、グレイスはテリーから聞いたと答えます。

そしてグレイスは、覚悟を決めた様子でノエルの名前を呼ぶのでした。

お伝えしたいことがあります

グレイスは私はあなたのお父様を偲ぶの資格もなければ、執事長や侍女長が命をかける価値もない人間だと言いました。

そしてとうとうグレイス・エルドーニャではないことを告白し、ごめんなさいと伝えたのでした。

貴族の身代わりか?

ノエルの問いに頷くと、はじめは公爵家が危険だと思い込んでいたことから、独断で無茶を通したと言うグレイス。

罰はどうか私だけに・・

するとその言葉を遮り、どうして今になって打ち明けたのかと尋ねるノエル。

黙っていればバレなかっただろうと言う彼に対し、本心で自分の身を案じてくれている人たちにこれ以上嘘はつきたくなかったとグレイスは答えました。

それに、私のせいで誰かを傷つけたくない

どんな処罰も覚悟をすると言うグレイスですが、大きなため息が聞こえたかと思うとぎゅっとノエルに抱きしめられます。

!!!

分かっていた

でも、いつからか 生まれも正体もどうでも良くなっていた

ノエルは、こんな状況になってようやく気づいたとことがあると言います。

ノエルは静かにグレイスを見つめると、愛していると伝えました。

そしてグレイスの頬に優しく触れると、そっと引き寄せキスを落とすのでした。

神殿に向かうグレイスたち

翌日

日も高く登り始めた頃、純白のスーツに着替えるノエル。

そして再び、床に転がるグレイスの姿を思い出しました。

誰かの死を恐ろしく思ったのは「あの時」以来だと気がつき、もう手段は選ばないと決意を固めます。

ちょうどそこに、自身も白いドレスに身を包んだグレイスが姿を見せると、ノエルは表情を一変させ、今まで見せたことがないようなピュアな笑顔を見せるのでした。

その頃ー

神殿内では、3人の少年たちが急に能力が開花したと言う貴族女性の話を聞き、魔力石を使ったのでは?とか玉の輿を狙おうとしてバレたのか?と、それぞれ独自の見解を述べていました。

すると、貴族がそんな噂話を聞いたらタダでは済まないぞと彼らに声をかけるイグニス。

急に現れたイグニスに3人は大喜びします。

イグニスは今日、とても大切な用事があってここに来たと告げ、内密に処理する必要があると打ち明けます。

だから今回に限っては、私の出入りの記憶を消して欲しい

イグニスによく懐く3人は、大きな手をポンと頭に乗せられ上機嫌です。

そしてニコニコしながら分かりましたと返事をすると、イグニスは頼むぞと言って部屋を出ていくのでした。

===================

司祭はグレイスの両手を握り、不正を無くす祈りを終えたので、あとは石像に手をかざすだけだと言います。

周囲を見渡し、なぜ人前で行うのかと尋ねるグレイス。

すると司祭は、魔法使いが逃げ出さないためだと答えました。

グレイスは思いました。

もしも私に本当の魔力があるのなら、ダルキンと対立することになるのね

そして石像に手をかざすと・・・

なんと眩し過ぎる程強い光が放たれたのです。

!!

この光景にノエルは思わず目を見開き、デカードが呆気に取られています。

そして・・

ひっそりと柱の影に身を隠していたイグニスもそれを見ていました。

今まで神殿に光を放つほど強力な魔力を持った人物は・・・

皇帝ダルキン
ノエル・ペルトン公爵

そして・・グレイス

この3人だけなのでした。

 

続き・詳細は本編ピッコマで

この作品と同じ THE ANT の作品一覧はこちらををcheck!!

44話の考察や感想

自分はグレイス・エルドーニャではない

とうとうグレイスが告白。打ち明けた側も打ち明けられた側も、なんだか落ち着いた様子でしたね。

そして、ノエルは自分の気持ちを自覚し、グレイスに愛を告白しました。

ここに来るまでも本当に多くの大変なことがありましたが、グレイスだからここまで来れたんだろうとつくづく思います。

そしてまた、これからも色々ありそうですね(-.-;)

急に覚醒した(?)グレイス。

石像に手を翳したことで、ダルキンとノエルに並ぶ強い魔力を持っていることも証明されました。

ダルキンとノエルに並んでしまうなんて!

そしてこっそり見ていたイグニスが何を考えるのか・・個人的に気になっています。

まとめ

今回の記事では、公爵家の99番目の花嫁【44話】一部ネタバレを含むあらすじと感想・考察をご紹介いたしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

今後の展開も随時更新していきます。詳細は本編ピッコマでどうぞ!

→→ 次話、「公爵家の99番目の花嫁」ネタバレ45話はこちら

「公爵家の99番目の花嫁」ネタバレ全話(更新中)はこちら

マンガ好きのあなたに無料アプリのご紹介

ピッコマ同様、様々な作品を楽しめる漫画アプリ!

マンガMee
ピッコマと同じ集英社による運営するマンガアプリ!
大人気女子向けマンガが読み放題!
オリジナル連載マンガも多数配信!
人気の少女漫画が読めるマンガアプリ!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

 

マンガがうがう
双葉社発!世界・悪役令嬢・アニメ化作品などが基本無料のマンガアプリ!
小説家になろう発の異世界・転生マンガを多数収録!
一度読んだ話は、30日間読み返すことが可能!
異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』